にんにくの歴史

【スポンサードリンク】

私達はにんにくの成分が科学的に解明されるずっと以前から、にんにくの薬としての威力を経験的に知っていましたが、実際の所、今わかっているだけでもにんにくと私達との付き合いは6000年以上も前にさかのぼっているようです。
原産地は中央アジアとも北アフリカとも言われていますが、はっきりとした事はわかっていません。
ですが、エジプトのピラミッドの建造に従事した人達がにんにくを食べていたと言う事は記録にも残っています。また、魔除けの目的で王の墓ににんにくが埋められ、ローマ時代には罪人に食べさせて身を清める等の呪術的な意味あいもあった様です。

古来中国では身体を温める為に、にんにく灸や頭痛等に用いられた他、料理にも欠かせないものとして普及していき、日本に伝来したのは、中国からではないか?と言われています。古事記にもにんにくの名が記され、源氏物語の中にも薬としてのにんにくが登場していて、当時は主に薬として用いられていた様です。

現在では、日本、中国、韓国、インド、地中海沿岸、中近東などで栽培されていて、品種にはオオにんにくとヒメにんにくがあり、よく出回っているのはオオにんにくです。(日本産の物は最も優れた品種と言われています。)

現在私たちの周りには様々な健康情報や商品があふれていますが、それは多くの人が病気を恐れ、健康でありたいと言う願いを持っているからです。
古来から、人々はその土地で採れる植物や食物のエキスを使って病気を予防したり、治療したりしてきました。
アフリカやその他の先住民の間では、今でもそれらを使っている所も少なくありません。
それは、現在のサプリメントの原点ではないでしょうか?そして最も古くから利用されて来た健康食品の代表的な存在はにんにくなのです。

edit

【スポンサードリンク】