にんにくの匂い成分・薬効

【スポンサードリンク】

にんにくと言えば強烈な匂いが特徴ですが、この匂いが薬効の主成分なのです。
それは「アリシン」と言う物質で硫黄性化合物です。
にんにくにはアリインと言う無色無臭の成分がたくさん含まれていて、これが空気中の酸素に触れるとアリナーゼと言う酵素の働きによりアリシンに変わるのです。
ですから、にんにくは切ったり、すりおろしたりすると強烈な匂いを発するのです。

アリシンには強力な殺菌、抗菌作用があり、12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌などに対して抗菌力を示す様です。
これは、アリシンが細菌の中に入ってタンパク質を分解し、その働きを抑えてしまうからだと、考えられていますが、こうした働きは風邪やインフルエンザのウィルスにも有効に作用してくれる様です。
ですからにんにくの常用によって風邪の予防ができるのです。

また、腸内の悪玉菌の活動も抑えるので腸の働きを正常化するのにも有効な様です。
さらに、殺菌、抗菌は外用としても大いに効果を上げてくれ、水虫や化膿菌などにも有効と言われています。
これらはアリシン単独の能力で、もう1つ他の物質と結びついて効力を発揮する性質をも持ち、この結合能力でアリシンはアリチアミンと言う形に変化し、ビタミンB1が持つ働きをビタミンB1以上に効率よく発揮してくれます。
ビタミンB1は人間の活動エネルギーに欠く事の出来ない栄養分で疲労回復に大変効果があるものです。また、アリシンを加熱すると、アホエンと言う物質が生じこれも強い抗菌作用と抗血栓作用があり脳卒中や心筋梗塞などの血栓予防に役立つと言われています。

edit

【スポンサードリンク】