にんにくと食品との組み合わせ

【スポンサードリンク】

にんにくと組み合わせる事によりその働きがより強化される食品や効果にはどのようなものがあるのかを、まとめてみました。

まず、ビタミンB群を多く含む食品とにんにくの組み合わせですがこれは、豚肉や、レバー、胚芽米、豆類、ゴマ、ブリ、カツオ、カキ、などで代謝が高まり疲労回復の効果アップにつながります。
豚肉とにんにくを一緒に炒めたり、カツオのかけダレににんにくを使用する等は手軽で効果的な摂取方法と言えるでしょう。

次にビタミンCやEを多く含む食品とにんにくとの組み合わせですが、まずビタミンCは、パセリや、ピーマン、レンコン、ブロッコリーチンゲンサイ、ジャガイモ、レモンなどに多く含まれています。
ビタミンEは胡桃、ゴマ、オリーブオイル、カボチャ、ほうれん草などで、これらビタミンCやEは老化の原因となる身体の酸化を防ぐ働きが強化される様です。
どの食品もにんにくと組み合わせやすいのではないでしょうか?

3つ目は抗血栓作用のある食品との組み合わせですが、これはイワシ、鯖、鯵、鮭などと組み合わせると、血液をサラサラにする脂肪酸、EPAやDHAを豊富に摂取できるので血行促進を強化できると言われます。
オリーブオイルでにんにくを炒め軽く小麦粉をつけたムニエルなどはお勧めです。
肉類や魚類のタンパク質との組み合わせではにんにくがタンパク質の消化を促進し、生魚の場合にはにんにくの殺菌作用が食中毒を予防してくれる働きも期待できる様です。

edit

【スポンサードリンク】