にんにくの常食

【スポンサードリンク】

身体を元気にしてくれるにんにくは、毎日食べる事が理想的です。
常食する場合は、適量を根気よくとり続ける事が何よりも大切で、たくさん食べればそれだけ効果が上がると言うものではありません。むしろ多食すると副作用が現れる事もあるので注意が必要です。
1日1~3片を毎日続けて摂るのが最も有効な食べ方なのです。
特に胃腸の弱い人や体調の優れない場合は量を調節する事をお勧めします。また、組み合わせる食品を工夫して摂取する事が大切です。

にんにくは身体を温める働きがあり刺激が強いので、生のセロリや大根の様に身体を冷やす食品と組み合わせると良いでしょう。
生のセロリや大根は、にんにくでほてった身体を鎮めてくれる働きがあります。
これは普段からのぼせやほてり、口の渇きが気になる人にもお勧めです。

先にも述べましたがにんにくは毎日、生の物を食べるのが理想的なのですが、時には時間がない、
ちょっとしたアクセントに使いたい場合などは市販のにんにく加工品を使用すると良いのではないでしょうか。常備しておくと手軽に使えて、重宝し長続きの秘訣になるでしょう。
常食する事でにんにくの有効成分が24時間働き、身体の機能低下している部分を回復させる手助けをしてくれるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】