にんにく摂取上の注意

【スポンサードリンク】

にんにくに含まれるアリシンは非常に働きの強い成分です。
ですからいくら健康に良いとは言え、生を大量に食べる事は絶対に禁物です。
過食すると、粘膜を刺激しすぎて胃痛や胸焼けを起こしたり強力な殺菌作用により腸内の有益な細菌まで殺してしまい、様々な障害を引き起こしてしまう場合もあるのです。

また、尿が赤く濁って強い疲労感を覚える場合もあるようです。その他、食べ過ぎると貧血を起こす、長期間多量に食べると口角炎や、皮膚炎を起こすとも言われています。
ですから、1日の目安として、生の場合は1片位とし、加熱した場合は、生食に比べて害は少ないようですが3片までにした方が良いでしょう。
多量に食べたからと言って効果が高いと言う訳ではありませんので、程ほどの量を楽しんで食べる事が大切です。

前章で述べましたが量よりも「常食」が健康アップの為には大変重要なのです。
もう1つにんにくを食べる場合に注意する事は、空腹時や胃腸が弱っている場合は、刺激が強すぎるので、控えた方が良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】