にんにくの匂い対策

【スポンサードリンク】

にんにくを使った料理が敬遠される最も大きな理由には、食べた後に残る匂いや調理する時についた匂いがあげられます。
にんにくは大量に食べると口の中だけでなく、胃や皮膚からも匂ってきます。
家族や仲の良い友達と一緒においしく食べれば匂いも気になりませんが、急いで匂いを消したい場合には、消臭効果のあるパセリやクレソンなどの野菜を食べる事や、牛乳を飲む事が効果的とされています。
これは牛乳に含まれるタンパク質が匂いを和らげてくれる為だと言われています。また、食後に飲む緑茶の中にも脱臭効果があります。

(特に玉露)コーヒーや紅茶にも脱臭効果がありますが、タンパク質や脂肪の多いクリームを加えるとより効果的な様です。その他、定番のガムをかむや、歯を磨く等も効果はあります。
口の中ににんにくが残っていると、いくら色々と試しても効果は上がりませんので、まず歯を磨いてから色々と試して見る方が良いのではないでしょうか。

次ににんにくを調理する時についた匂いですがまな板の、隅の方を使い匂いのつく位置をまとめておくとか、牛乳パックを開いたものや薄いシート型のまな板を敷いてその上で切ればあまり気にならないのではないでしょうか。
そして使った後のまな板や手をレモンのへたでこすると、洗剤だけで落ちない匂いが消えます。
最後に漂白剤につけると更に完璧です。

上手に匂い対策をして、様々な薬効を持つにんにくを毎日の料理に取り入れて元気と健康に役立たせて行きましょう。

edit

【スポンサードリンク】