神経痛・肩こりに にんにく

【スポンサードリンク】

にんにくは古くから、神経痛の治療に効果を発揮してきました。
それは、にんにくの有効成分アリシンが鎮静効果をもたらすと共に、血液の循環を改善し、
筋肉を活性化してくれる為なのです。
ですから、肩こりにも効果があり重い肩こりをも、和らげてくれる効果があるようです。

肩こりは、ひどくなると吐き気やめまいを誘発する事もあり大変辛い物です。
主に筋肉の緊張と血行の停滞新陳代謝の低下などが原因で起こります。
にんにくは血行の改善作用と身体を温める働きがあるので末梢血管の循環を活発にし、新陳代謝を高め、肩こりを和らげてくれるのです。

すぐに効果があらわれやすいのがにんにく湿布やにんにく灸(にんにく外用法で紹介しています。)で、特に湿布はお風呂上りに効果が大きい様です。
慢性の肩こりには、これに加えてにんにくの常食をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】