生理不順・更年期障害に にんにく

【スポンサードリンク】

更年期は閉経前後から始まり、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経失調症などをおこしやすくなります。
動悸、頭痛、めまい、多汗、冷え、食欲不振、などの症状が現れ精神的にも情緒不安定になりがちで、これら様々な症状が更年期障害と言われています。

にんにくは、神経組織に欠かせないビタミンB1の働きを助け精神の安定をはかると共に、自己治癒力を高めてホルモンのアンバランスを解消するように働きかけてくれます。
また、ホルモンバランスに関係する生理不順にも、にんにくは効果的に働いてくれる様です。

食欲不振になりがちな時はにんにくを色々なバリエーションで楽しみながら摂取すると良いでしょう。
にんにくの常食や、適度のにんにく酒(おいしく簡単摂取法で紹介しています。)が辛い症状を和らげてくれるはずです。

edit

【スポンサードリンク】