風邪・喉の痛みに にんにく

【スポンサードリンク】

風邪はにんにくの常食で自然治癒力を高めて、ひかない事が肝心ですが、ひいてしまった場合は、抗菌、抗ウィルス効果のあるにんにくで1日も早く回復する様に、心がけるようにしましょう。
また、にんにくは身体を温め発汗を促すので、解熱効果をも期待出来るのです。

喉の痛みや咳にも効果が見られるので、にんにくうがいを(にんにく外用法に紹介しています。)
試してみるのもよいのではないでしょうか。
このにんにくうがいは風邪の予防の為にもなりますので、外出から帰った後や風邪のひき始めなどにも試して見る事をお勧めします。

また、喉が痛い時や扁桃腺が腫れた時には、にんにく汁を(にんにく外用法で紹介しています。)脱脂綿などに含ませて患部に直接塗ります。これは寝る前の手当てが効果的な様です。
ただし、にんにくうがいの後は、口に匂いが残る事がありますので、気になる場合には、牛乳を口に含んでからゆっくり飲み込むなどの方法で匂いを消すと良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】