にんにく卵黄

【スポンサードリンク】

小さな1粒ににんにくのパワーが凝縮されているのが、にんにく卵黄(卵丸)黄です。
少々疲れた時や風邪のひき始め、スタミナをつけたい時に手軽に飲む事ができて大変便利です。
その効果も大変優れているので、是非常備しておくと良いでしょう。
にんにく卵黄(卵丸)はすりおろしたにんにくと卵黄が材料です。卵黄には血管を丈夫にし、血液をサラサラに保つレシチンと言う成分が豊富に含まれています。
これがにんにくの主成分アリシンと相乗的に働き、にんにくだけを摂るよりも一層効果を高めてくれます。
このにんにく卵黄(卵丸)はアメリカのNASAでも栄養補助食品として用いられている様です。

[材料]
・ にんにく 250g
・ 卵黄 2個分

[作り方]
① にんにくは薄皮を剥いて1片ずつにばらしておきます。
② 蒸気の上がった蒸し器ににんにくを入れ柔らかくなるまで20分程蒸します。
③ にんにくと卵黄をミキサーにかけ滑らかな状態にし、フライパンに入れ火にかけながら
   練る様にして煮詰めます。
   この時、テフロン加工のフライパンを使用するとやりやすい様です。
④ 少し水分を残した状態で火を止め冷まして、あら熱をとり、直径5mm程度の大きさに
   丸めます。
⑤ 天日に干して乾燥させます。この時水分が残っている様ならフライパンで乾炒りすると
   良い様です。
⑥ 消毒してキレイな密閉容器に入れ直射日光をさけて、涼しい場所に保存します。
   (1日1回、1~2粒を目安に飲んで下さい。保存できる期間は1年位です。)

edit

【スポンサードリンク】