にんにく化粧水

【スポンサードリンク】

にんにくの持つ、細胞の働きを活発にする作用や殺菌力は、毎日の肌のお手入れに根気よく使用する事であらわれてきます。
肌の表面に何かを補うと言う消極的な手入れではなく、皮膚細胞の働きに直接働きかけると言う、根本的な肌質改善です。
肌荒れ、敏感肌、ニキビ、シミ、シワなどのトラブルの種類に関わらず、健康でイキイキとした肌に生まれ変わるために大変有効なのです。
市販の化粧水を使うのでなく日本酒を使って、簡単に手作りもできるので、是非試してみてはいかがでしょうか。
また、にんにく煮汁や、にんにく焼酎漬けエキスを、普段使っている化粧水に1~2滴加えて、顔全体に浸透させる方法もあります。
エキスの分量は少量からスタートして、徐々に自分の肌に合う量を加減して行くと良いでしょう。

[にんにく日本酒化粧水の材料]
・ にんにく 3片
・ レモンの厚切り 1枚
・ 日本酒 180ml

[作り方]
① 薄皮をむいたにんにくとレモンの厚切りを清潔で乾燥した保存容器に入れ
   (水滴がついていない様にします。)そこに、日本酒を注ぎ込みます。
② 密閉して冷暗所には保存し、3ヶ月後にレモンを取り出し、さらにそのままねかせます。
③ 6ヶ月後にニンニクを取り出して出来上がりです。
※ 化粧水として洗顔後のお手入れに使用する他、拭き取りにも利用できます。


にんにくの有効成分を煮だして作る手軽なエキスです。作ってすぐに使用できるので、大変便利です。
[にんにく煮汁エキスの材料]
・ にんにく 3片
・ 水 200ml

[作り方]
① にんにくは薄皮をむき、水とともに鍋に入れ火にかけます。
② 汁が半分位になるまで煮詰めてでき上がりです。
※ 冷蔵庫に保存すれば1週間程度もちますので、使用量にあわせて1週間で使い切れる分量を作ると良いでしょう。


焼酎に漬けるので保存がきき、飲用する事もできます。にんにくの出盛り期にたくさん作っておくと、いつでも使用できて便利です。
[焼酎漬けエキスの材料]
・ 皮つきのニンニク 1kg
・ 水 800ml
・ 塩 60g
・ レモンの輪切り 2個分
・ 焼酎 600ml

[作り方]
① 水に塩を溶かして作った塩水に皮つきのにんにくを入れ、2~3日置いてアク抜きをします。
② ①ににんにくを取り出し水でよく洗ってから塩出しをします。
   (水を2~3回かえて1昼夜程おきます。)
③ 水分をよく拭き取り1日陰干しにしてから、小片にわけて薄皮をむきます。
④ 清潔な保存容器に③のにんにくとレモンを入れ、焼酎を注ぎ込みます
⑤ 密封して冷暗所に保存して、2ヶ月後にレモンを取り出し、6ヶ月後ににんにくを取り出して
   出来上がりです。

にんにく化粧水も焼酎漬けエキスも、比較的時間はかかりますが、簡単にできますので、美しい素肌のために、是非作ってみてはいかがでしょうか?
ただし、にんにくは効果が高いだけに刺激も強いので、使用する前には必ずパッチテストを行って、自分の肌に合うかどうかを、確認して下さい。

edit

【スポンサードリンク】