無臭にんにく

【スポンサードリンク】

新品種の「大粒無臭性にんにく」は茎の長さが160cm、根の長さが3m、鱗茎の重さが1.2kgと、普通のにんにくとは比べ物にならない位の大きさで、通常のにんにくの10倍もあります。
食べると花芽はおいしいのですが、鱗茎は生のジャガイモの様で調理して食べた方が良いかと思われます。

無臭で形も違っている事から、「これはにんにくではない!」と言う風にも言われていますが、にんにくの匂いが苦手な人には、大変好まれている様です。
このにんにくの効果の特徴は、痛みが取れると言う事の様で、腰や、肩、首、関節の痛みが取れたと言う声が多く聞かれます。

大粒無臭性にんにくには、普通のにんにくと比べて核酸を構成するアデノシンや活性酸素、貧血、糖尿、老化、疲労、などの予防に効果的な銅、鉄、亜鉛、マンガン、ビタミン群、カルシウム、繊維
等が豊富に含まれていて健康と美容にとって大変好ましい野菜だとも言われています。
ですが、臨床、その他の科学的な検証は、まだそれほど進んでいないのが現状で、これからこれらの研究が段々と、進んで行くのではないでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】