蜂蜜漬けにんにく

【スポンサードリンク】

疲れた時ににんにくを食べると元気が出るのは、にんにくの成分であるアリシンが糖質の代謝を高めてくれるからです。
蜂蜜漬けにんにくは糖質とにんにくの両方を1度に補給できるので、疲れた身体に大変やさしく作用してくれます。
にんにくはそのまま食べると、甘くてととても食べやすいです。
また漬けた蜂蜜には、にんにくの成分が溶け出しているので蜂蜜にお湯を注いで、レモン汁を加えて飲んでみてはいかがでしょうか。ちょっと疲れてのんびりしたい時には最適です。

[材料]
・ にんにく 15粒
・ 蜂蜜 700㏄

[作り方]
① にんにくは薄皮を剥いて縦半分に切り、芯を取り除いて置きます。
② 保存容器ににんにくを入れヒタヒタになる位まで蜂蜜を入れ、冷蔵庫で保存します。
   5~6ヶ月後からおいしく食べられます。
※ 常温で漬けると途中でかなりゆるくなりやすいので、必ず冷蔵庫で漬けて下さい。
   また、漬けている途中で大変匂いが気になる場合がありますが、
   段々と落ち着いて来ますので、あまり気にしないで、落ち着くのを待つと良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】